特別さじき席会場ステージイベント

現在、知名度急上昇中の山形出身アーティストのステージLIVEを開催します。
観覧を希望される方は特別さじき席のチケットをご購入下さい(有料会場入場券では特別さじき席会場に入場できません)
時間:16時15分~19時 ※予定

≪出演アーティスト≫

二人目のジャイナ

「二人目のジャイナ」

Vo.Masaを中心に集結した男性9人組、2011年始動。
近年日本では珍しい、歌モノでありながら、ホーン隊・パーカッションを擁するゴージャスな編成。全国を飛び回り、エレガントにEntertainmentを発信する、人呼んで【Perfect SHOW-UP BAND!!】。渋谷CLUB QUATTROや渋谷WWWでのワンマンでの大成功を始め、大阪・名古屋を中心にライブを展開、また自主企画イベント「ホカリスケナイト」も好評を博し、他では見る事の出来ない静動兼ね備えたライブパフォーマンスが確実にシーンに存在感を示し始めている。2016年7月6日に約2年ぶりのニューアルバム「FLEXIBLE POPS」を全国発売、リリースツアーを開始する。

工藤あやの

「工藤あやの」

母親の影響で幼少期より民謡を習う。その後、数々の民謡の大会で優勝するなど実績を上げる。2010年16歳で出場した「弦 哲也 北区(きた)の演歌座2010」新人歌手発掘オーディションで、大賞を受賞。作曲家、弦 哲也氏の門下生となる。2013年春地元の高校を卒業後上京、弦 哲也氏のレッスンを経て2014年1月に弦 哲也プロデュース「さくらんぼ 恋しんぼ」でデビュー。明るく元気なキャラクターで、聞いてくれる人に感動してもらえる歌手を目指す。恩師弦哲也氏が「昭和の忘れ物」と称したその歌声は「ふるさとの景色」や「懐かしい思い出」を連想させ心を癒す。

じぇにー。

「じぇにー。」

山形生まれラスベガス育ちのティーンエイジシンガー。2014年4月に上京。都内を中心にライブハウスへの出演やストリートライブを積極的に重ね、2015年「水曜歌謡祭」(フジテレビ系)の水曜シンガーズの一員としてレギュラー出演を果たす。シンガー活動以外にも、若者達に注目される読者モデルを多く輩出するDOKUMO BOYS & GIRLS 公式ファッションチーム「FLASH TOKYO」4期生としてや、沖縄発海外向け連続ドラマ「LEQUIO」(大塚祐吉監督作・今秋東南アジアから放送予定)への出演、人気お笑いコンビ・ピスタチオと一緒にMCを担当するMUSIC ON! TV「Zoom Up!」が放送されるなど、マルチに活躍している。

羽山みずき

「羽山みずき」

小学6年生から山形県歌謡振興会に所属。コンクールに多数出場し、県大会での部門優勝の経験がある。中学3年生のころから演歌に興味を持ち、作曲家聖川 湧先生の門下生として、 歌手デビューを目指し、修行。平成26年3月「2015年日本クラウン(株)新人オーディション」にて、「東京挽歌(森山愛子)」 を歌い上げ、高い評価を得た結果、最高賞となるグランプリを獲得。2015年一杯まで山形県の「出羽三山」の巫女を勤め、2016年より歌手デビューのため上京。

Leika(レイカ)

「Leika(レイカ)」

山形県鶴岡市出身の歌手。シングル「扉/私を愛して」でユニバーサルミュージック(元・ポリドール)よりメジャーデビュー。「扉」は、東北の民謡花笠音頭をアレンジしている。その後、ニューヨークにてボイストレーニングを受け香港にて初の海外ライブツアーを果たす。歌手活動の他、ファッションやヘアメイクのモデル、アパレルデザインプロデュース、やまがた特命観光つや姫大使、鶴岡ふるさと観光大使なども務めている。現在は一児の母になり、ママシンガーとして活動している。

タダセンパイ

「タダセンパイ」

2003年に「レッサーパンダ」ギターリスト、作詞、作曲として加入。2007年の活動休止まで4枚のアルバムをリリース。2007年レッサーパンダ活動休止より本格的にシンガーソングライターとして活動。
自主制作で2枚のミニアルバムをリリースし全国.約400本以上のライブツアーを経て、2012年に2枚組「多田宗晃の世界」でデビュー「high numbers dream./ラッツパック.レコード株式会社」アルバム収録曲「夢?人はゆめでしか生きてはいけない」がFM局のハイパープレー楽曲に選ばれ話題を呼ぶ。2013年に「横顔のかたち?山形県にいこう!」がFM番組のエンディング楽曲に抜擢され同時にレギュラー出演を獲得。北海道稚内?沖縄宮古島まで全国どこでも飛び回っている今を生きる音楽人。

EnGene.

「EnGene.」

J-POP 界でヒットを連発する作編曲家「大谷靖夫」をプロデューサーに迎え、2016 年2 月に仙台で結成されたピュアボーカルグループ。グループ名「EnGene.」の由来は、諦めかけた夢、そしてその先に希望を繋ぐ核となる3人を結び付けたこの縁を大切に「EnGene.」と命名。リーダーのSHIN は難病「再生不良性貧血」を患うが、骨髄移植により克服。バラードからアップチューンまで巧みな表現で魅了する「EnGene.」は、全員がリードヴォーカル、ハーモニーを歌い上げる。その多彩さに、Live パフォーマンスと同様、感動せずにはいられない。

※その他、多数出演予定

LINE@ 山形花火大会メッセージ花火